競艇予想で強いレーサーが勝つ条件の探し方

まず1コースからの逃げ展開で競艇予想をしてみましょう。

2017年11月~2018年4月までの1コースの1着率の全国平均は52.4%です。

1コースが一番強かったのが大村ボートで63.2%という高い率です。

2位が徳山ボートで60.7%でした。

全国平均で2回に1回の割合で1コースが1着になっているのです。

これほど1コースが強くなると、舟券作戦もそれに合わせたものにならざるを得ません。

1コースが勝つかどうかをまずチェックし、それから2着を探すのがポピュラーで、それから1コースが敗れる条件を探して高配当を取るといったアプローチになります。

データでは1コースが強いのですが、1着になるのは2回に1回です。

どういった条件が揃えば1着になるかを知っておくことが大切です。

1コースが勝つレースは払戻金も安くなるので、どうしても舟券の購入金額を増えます。

的中しやすいかわりに外れるとダメージが大きくなります。

それだけに慎重に1コースの取捨を決めなくてはなりません。

軸艇しとて信頼できるとなれば、後は2着と3着を探すだけです。

3連単で20通りの組み合わせからオッズと相談しながら絞り込むだけです。

1コースが逃げるためには、最低でも2つの条件をクリアしておかなけばなりません。

スタートで立ち遅れるようなレーサーは信頼できません。

平均スタートがコンマ20を超えているようなレーサーです。

モーターが悪くても信頼度が下がります。

スタートを決めても1マークで他のレーサーにパワー負けしてさばかれるだけです。

一般競走の場合、少なくとも1号艇がA級でなけば信頼できないしょう。

2コースの壁になる選手がどう出るか

1号艇にA級を乗せた「シード番組」が盛んに行われるようになっています。

1着率が80%を超えるレースもあるほどで、舟券の売上げも良いそうです。

シード番組で1コースのレーサーが1着になるには、「2コースの壁」が必要になります。

しかし、壁になってくれない場合もあります。

レーサー心理と密接な関係があります。

1号艇にシードされているA1級1コースに入ります。

絶対的な強さを持ったレーサーなら、他のレーサーの出番はありません。

2コースのレーサーの心理からすれば、「スタートを決めても勝てないのなら無理なスタートを行かなくても良いのでは」です。

勝てるから強気にスタートを決めるわけで、その可能性がないのならタッチを狙ったスタートは行きません。

その結果、2コースが立ち遅れるスタートになるのです。

「中ヘコミ」と呼ばれるスタート隊形です。

「横一線」のスタートが崩れる可能性があれば、1コース絶対ではありません。

2コースにモーターの弱いレーサーやフライング持ちのベテランがいるようなレースの競艇予想では、1コース信頼は崩れると考えおいてください。

シード番組でB級が勝率アップ

1号艇の1着が期待できるレースの3連単舟券は20通りです。

オッズで2000円以上があれば20通り買っても構いませんが、1番人気は300円~500円です。

1号艇1着の競艇予想では3,4点に絞らなくてはなりません。

しかし、絞りすぎると抜け目が来るものです。

なぜ、シード番組で抜け目が来るかと言えば、それもまたレーサー心理に関係しています。

シード番組の1号艇にA級、他がB級が一般的です。

B級のレーサー心理は「1着は取れないが2、3着なら可能性は十分ある」になります。

低勝率だとレーサー人生も危うくなります。

A級が何名もいるようなレースでは上位着順は期待できません。

勝率を下げるだけです。

ところがB級が5名いるようなレースだと勝率アップの可能性があります。

ここぞとばかりにスタートを張り込む若いレーサーも少なくありません。

接戦でも強引なレースで着順を上げようとします。

それが予期せぬ事故を起こして本命レースが崩れる原因になります。

点数を絞れば抜け目が来るわけです。

1コースが勝ちそうなレースでも、競艇予想を的中させるとなると、クリアすべきいろいろな条件があるということです。