三国競艇場の特徴
2018年4月からモーニングレースを始めました。

モーニングレースは4月~9月まで、10月~3月はデイレースです。

三国ボートは周囲を小高い丘に囲まれた淡水のプール型水面です。

スタートライン上のコース幅が62mと広いのが特徴です。

60mを超えるのは三国ボートと福岡ボートの2場しかありません。

戸田ボートは50mです。

1マークとスタンドまでの距離も45mもあり、6コースからだと「1マークが遠い」と感じるレーサーも少なくありません。

捲りが決まりにくい水面構造なので1コースが強くなります。

2017年11月~2018年4月までの1コースの1着率は54.1%に対して、6コースの1着率はわずか1.4%しかありません。

1コースを強くしている理由は他にもあります。

それは年間を通じて追い風の日が多いからです。

気温が上がる夏は海風が2マークから1マーク方向に吹きます。

モーニングレースの午前中は向かい風で時間経過とともに追い風になります。

これまでと同じようなコースデータになるか注目です。

冬もシベリア寒気団の影響を受けて強い追い風が吹きます。

安定板を装着してレースをすることもあります。

1コースが逃げるか、2・3コースが差すかです。

モーニングレースの実施に伴ってシード番組を増やしています。

1Rが1号艇にA級、他がB級です。

シード番組を増やすとシードするレーサーが手薄になってきます。

人気・名前倒れも多く、三国ボートは超高配当が飛び出すレース場として有名です。

三国競艇の周辺マップ