【競艇予想の基礎知識】マークカードの種類や買い方
ボートレース場やボートレースチケットショップで舟券を購入するには、備え付けのマークカード(投票カード)が必要です。

マークカードは通常の投票と流し投票が一緒になったタイプと、フォーメーション投票・ボックス投票が一緒になったタイプの2種類あります。

買い方に合わせて使い分けることができます。

マークカードには、

・開催場
・レース番号
・式別
・1着、2着、3着
・金額
・単位
・取消

という項目があり、それぞれ必要な項目を塗りつぶしていきます。

通常のマークカード

まずは塗りつぶす項目から解説します。

予想したとおりの舟券をマークカードで購入するときの基本的な内容です。

開催場

全国24ボートレース場名が記載しており、舟券を購入するボートレース名の下にある○マークを鉛筆で塗りつぶします。

1ヵ所のみ塗りつぶしてください。

レース番号

購入するレース番号を鉛筆で1ヵ所のみ塗りつぶします。

同じ舟券の組み合わせなら複数レース購入できるものもあります。

①②③の出目を全レース前売りで買っておきたいときに使うと便利です。

式別

舟券の種類です。

3連単・3連複・2連単・2連複・拡連複・単勝・複勝の7種類ですが、ボートレースチケットショップは単勝・複勝を除く5種類です。

式別を決めたらその下にある○マークを鉛筆で塗りつぶします。

1ヵ所のみ塗りつぶしてください。

上段と下段に二分割されており、上段は4点、下段も4点購入できます。

上段で3連単、下段に2連単を購入したときに利用します。

1着・2着・3着

2連単、2連複なら1着指定と2着指定の該当する枠番を塗りつぶします。

3連単、3連複は1着指定、2着指定、3着指定の該当する枠番を塗りつぶします。

各着については1ヵ所のみです。

金額

金額に該当する数字を塗りつぶします。

複数塗り津ぶすことが可能です。

たとえば、10と5を塗りつぶすと「15」になります。1と3と4なら「8」です。

単位

万・千・百の項目があり、金額で塗りつぶした数字と単位を書ければ購入金額になります。

金額が「8」で単位が「百」なら、8×100=800円です。

取消

間違って記入した場合は、取消の項目の○マークを塗りつぶします。

塗りつぶした行が無効になります。

通常マークカードだと8点の舟券を購入できます。

4点以内なら式別の上段のみを塗りつぶせば十分です。

ながし投票

マークカードを使って何点も舟券を購入したい場合に使える便利なマークカードです。

ながし」は1着・2着が分かるのだが、3着をどれにして良いか分からないように場合に使います。

ボックスは該当するレーサーのすべての組み合わせの舟券を購入する場合に使います。

「ながし」と「フォーメンション・ボックス」は1枚のマークカードでは買えません。

2連単でながし投票をする場合は、通常のマークカードは1着指定・2着指定・3着指定のやり方が違います。

「全通り」という項目があり、この下にある○マークを塗りつぶすと、該当着順の全通りを購入できます。

ただし、1着・2着・3着のいずれか1つのみにしなければなりません。

フーメーション投票

3連単で1着は分かるのだが、2着候補が3選手、3着候補が4選手といったように場合に使います。

ながしにするには、1人要らないレーサーがいるといった場合に使います。

ボックス投票

ボックス投票の項目の買いたい枠番を塗りつぶします。

3連単のボックス投票で、①②③を塗りつぶすと、①②③・①③②・②①③・②③①・③①②・③②①の6点を購入したことになり、たくさん塗りつぶす手間が省けます。

3連単で4つの数字を塗りつぶすと24点、5つだと60点、全部塗りつぶすと120点の買目になります。