競艇情報が盛りだくさん

桐生競艇場の特徴や予想で気をつけるポイントを解説

桐生ボートがある阿左美沼は標高124mです。全国でいちばん標高の高いところにあり、気圧が低いこともあってモーターパワーが他のレース場よりも落ちます。出足勝負よりもダッシュ勝負に向いたレース場です。ピットから2マークまでの距離があり、スタート展示のコースと本番のコースが変わることがあるので注意が必要です。

地元の江口晃生毒島誠はピット離れに特化した調整のできるレーサーです。勝負どころのコース取りに注目です。

季節によって風の影響を強く受けます。冬と春先は「赤城おろし」の強い追い風が吹き、1マークの水面が荒れます。走り慣れた地元の若いレーサーが波を怖がらずに走って上位着に絡んできます。夏と秋は風の影響が少なく、モーター勝負になります。実績のあるモーターを手にしたレーサーが活躍します。
シード番組は3つ。1Rは4号艇にA級、他がB級です。4号艇で4コースの場合もありますが、勝つために内寄りに進入する場合もあるのでコース取りを読まなければなりません。4号艇の1着率は50%程度です。堅いのは1号艇にA級をシードする6Rです。8Rの「イチゴレース」は1号艇と5号艇がA級で他でB級です。①と⑤を絡めた舟券を買ってください。

舟券データでは「本日のまわり足情報」が参考になります。1号艇が半周ラップで1番時計をマークしていれば、1着軸として信頼できます。

タイトルとURLをコピーしました