ボートレース平和島のG1第64回関東地区選手権は最終日となりました!


今日は天気がよく暖かい1日になりそうですね。

現場へいくボートレースファンにとって最高の気候です。

天候情報に風速・風向きがありませんのでお伝えしておくと、風速は3~4mほどで北東の風となっています。

スタートに影響はなさそうです。


出場選手のインタビューは競艇予想のヒントになります。

優勝戦まで進んでいる時点で足回りは6名とも良いと判断できますが、そのなかでもスタート勘や微妙なペラ調整の話が出てきたりします。

上手く活用して的中につなげていきたいですね。

平和島競艇 – 5日目の結果

準優戦が行われた5日目の決め手をまとめると、逃げ8・抜き2・差し1・恵まれ1となっています。

基本的に逃げが信頼できる状況と言えます。

恵まれが決め手となった第11レースは1号艇黒井選手の痛恨のフライング。

もちろんご本人が一番悔しい思いをされる事ですが、投票していたファンの方も痛い一発でした。

準優勝戦1枠ゲットまでの【2・1・1・2・2・5】は素晴らしい成績なので次に期待しましょう。

また5日目のオッズは逃げが多く決まっただけあって落ち着いていました。

万舟が1本もでず、最高オッズは先述の11Rで6,470円でした。

本日の天候は荒れる模様もなく、昨日に引き続きインコースが活躍するイメージで予想していきたいと思います。

それでは平和島競艇の予想、優勝戦の買い目を公開いたします。

ご参考いただけたら幸いです。

平和島の競艇予想 – 最終日12R優勝戦のメンバーと展開予想

1号艇 桐生 順平 A1
2号艇 石塚 久也 A1
3号艇 齊藤 仁 A1
4号艇 中田 竜太 A1
5号艇 鈴木 博 A1
6号艇 若林 将 A1

ボートレース平和島の優勝戦予想、本命は1号艇桐生選手。

初日のドリーム戦以外を全て2連対でうち2勝。

ここはきっちりイン逃げ切りを決める。

対抗は4号艇中田選手。

単穴に5号艇鈴木選手。

両者とも今節の成績が3連対率パーフェクトで安定感抜群。

4号艇が攻めて2・3枠の出番が厳しくなれば5号艇も一緒に浮上する。

抑えは2号艇石塚選手。

横一直線のスタートなら2・3番評価。

平和島競艇の予想-最終日12R優勝戦の買い目



1-245ー245