競艇情報が盛りだくさん

蒲郡競艇場の特徴と予想で注意すべきポイントを解説

ボートレースは直線300mですが、初期に直線500mを構想したことがありました。蒲郡ボートの競走水面の1マークバック側が広いのは、その名残です。1マークのバック側が広いので思い切ったスピードターンができます。これは1コースにとって有利な条件です。スピードを落とさずにターンができるので、先マイが可能になるからです。スロー発進のレーサーがスピードで攻めます。ダッシュ勢が捲るといった展開は少ないようです。6コースのレーサーは、スタートしてから1マークまでの6コース側がやや広くなっているので、スタンド寄りにボートを持ち出して捲り差しに入ります。うまく2、3着に絡んでヒモ穴になります。

水質は塩分が混じった汽水で、流れはありません。風の影響も少ないレース場です。ただ、強い風が吹くとスタンドに当たって風が舞う傾向にあり、スタートが難しくなります。風がないときは1コースを軸にしてダッシュ勢の2、3着絡みといった舟券の的中確率が高くなります。

番組もオーソドックスで、特別なシード番組はありません。デイレースの時間帯はB級が半数以上を占めるレースが多く、ナイターレースになるとがA級が1~3号艇に組まれるレースが増えます。そのためナイターレースは1コースの1着率が上がります。一般戦では進入固定レースが7Rで実施されます。1、3、4号艇にA級を入れることが多く、①③④か①④⑤の出現頻度で高いようです。

タイトルとURLをコピーしました