2019年シーズンもいよいよ大詰め。

11月以降で残されたG1レースは、5レースのみとなっています。

11月9日から14日の6日間をかけて開催されるG1福岡チャンピオンカップは、非常に重要なレースであることは間違いありません。

ここではボートレース福岡の水面特徴やレース展望、注目選手などG1福岡チャンピオンカップのレース内容はもちろん、6日間に開催予定のイベントやキャンペーン情報など、最新情報をご紹介します。

ボートレース福岡競艇場の特徴

G1福岡チャンピオンカップが開催されるボートレース福岡競艇場は、福岡の繁華街であり、日本を代表する歓楽街のひとつである天神から徒歩圏内に立地しているボートレース場になります。

福岡特有のうねりを持ち、川にはみ出すように設置されている1マーク。

全国24あるボートレース場の中で唯一となるバック側に位置するピット。

そしてダッシュ助走距離が180mとなっており、全国でも屈指と言われる「イン受難水面」という特徴を持っています。

1マークは、北側の博多湾に向けて那珂川が南から流れ込むというレイアウトになっており、満潮時には博多湾から海水が上ってきます。

この満潮時の海水と那珂川との流れがぶつかり合うと特有の「うねり」が発生します。

また、博多湾北側から吹き込む左横風が波を引き起こすために、先ほどの海水と淡水がぶつかって起こるうなりをより複雑化している状況です。

インが弱いのは全国的に有名な福岡ですが、このうねりの影響でインが不利になると勘違いされている方も少なくありません。

しかし、実際にはうねりの影響はまくり不利を引き起こすということを覚えておきましょう。

また2018年時のデータでは、左横風の割合が60%と高く、最もうねりが発生する満潮+左横風の頻度も非常に多いというものが残っています。

福岡競艇場の特徴から考える舟券予想

G1福岡チャンピオンカップの注目選手は

G1福岡チャンピオンカップには、全国からトップレーサーが集結しており、博多水面で熱いレースを見せてくれることでしょう。

瓜生を筆頭に篠崎、池永、西山など地元福岡支部勢が男を見せるか。

現在、賞金ランキングトップを独走中の毒島を筆頭に今垣、坪井ら遠征勢に奪還されるのかに注目が集まっています。

瓜生正義

地元のエースは間違いなく瓜生正義でしょう。

福岡では2009年のオールスター、2011年にはメモリアル、2016年のボートレースダービーの3つのSG制覇。

チャンピオンカップでは、12優出で半分の6Vを飾っており、圧倒的な実績を誇っています。

ただし心配なのは2007年以降の優勝がないこと。

6度の出走で優出は3度、優勝は0と勝ち切れていない状態が続いています。

12年ぶりのタイトル奪還を意地でも果たしたいところでしょう。

篠崎仁志

篠崎仁志もチャンピオンカップ注目選手の地元勢の一人。

博多は通算で12Vを達成しているドル箱水面であり、2013年にチャンピオンカップを制覇しています。

過去ばかりでなく、今年に入っても福岡をドル箱水面としており、1月の正月レース、10月の一般戦でオール3連対Vを達成しており、6年ぶりのチャンピオンカップ制覇の機運が高まっています。

毒島誠

2019年賞金ランキングトップを走っており、注目せざるを得ない存在なのが毒島誠。

2018年のチャンピオンカップでは、ドリーム戦で3コースまくりをあざやかに決めるなど大暴れ。

予選をトップで通過したものの、優勝戦では1号艇となり、惜しくも3着の結果に終わってしまいました。

昨年のリベンジを意地でも果たしたいと思っているはずで、念願の福岡発Vを虎視眈々と狙っていることでしょう。

今垣光太郎

福井支部の今垣も福岡周年では2Vの実績を誇っており、注目選手のひとりといえます。

2006年と2014年のV時にはいずれも3コースからの制覇を成し遂げており、センター戦を得意とする今垣にとっては、博多水面との相性はばっちりといえるでしょう。

5月のSGオールスター戦では、3コースまくりを強烈に見せつけ、11万円台の超大穴舟券を出し、大穴マニアの心を熱くさせたのは記憶に新しいことでしょう。

今回のチャンピオンカップでもV戦線に絡んでくることは、ボートレースファンは大いに期待しており、その期待に応えてくれること間違いなしです。

坪井康晴

静岡支部の坪井も福岡周年では2011年、2012年の連覇を達成している見逃せない選手のひとりです。

遠征勢の中でも、福岡での実績は特出しており、SG戦優出が2度、G1優出4度の実績を誇っており、うねりを伴う博多水面を得意にしています。

地元勢の篠崎ほどドル箱化しているとは言えませんが、必ずV戦線にも名乗りを上げてくることでしょう。

G1福岡チャンピオンカップのイベント情報

G1福岡チャンピオンカップは、レース内容はもちろんですが、開催予定のイベントも目白押しです。

開催期間中毎日永島知洋の72レース予想ステージを開催予定。

出場選手サイン入りQuoカードなどがもらえるじゃんけん大会も実施。

そよかぜましお、植村友紀、いっちゃく先生などの日替わりゲストも登場。

また開催期間中は、芝生広場にてバリうまグルメを開催します。

焼き鳥丼やラーメン、キューバサンドなどの屋台が登場し、胃袋を満たしてくれます。

エアー遊具の恐竜ランドや海賊船シーソーゲームとお子さんの遊び場もしっかりと用意。

9日には仮面ライダーゼロワンショーと、陣内智則トークショーを開催。

10日には原田龍二のトークショー、11日には鳥羽一郎の歌謡ショー、12日には菊地亜美トークショー、13日には島崎和歌子トークショー、14日の〆には諸星和巳のミニライブ開催と、G1のグレードに恥じぬ豪華有名人イベントが用意されています。

シーズン終盤の意地のぶつかり合い!福岡チャンピオンカップを見逃すな!

2019年シーズンもいよいよ大詰め。

そんな中開催されるボートレース福岡「G1福岡チャンピオンカップ-開設66周年記念競走」は熱いレースが展開されること間違いなし。

賞金ランキングトップを走る毒島や、遠征勢の中でも福岡水面を得意とする遠征勢がチャンピオンカップを奪還するのか、瓜生を筆頭とする地元勢が意地を見せつけ、王座を死守するか注目が集まっています。

女子レーサーも3人登場する予定であり、さまざまな意地が見られる熱い終盤戦を是非ご覧ください。