競艇のコースや競争水面

ボートレースを行う競走水面は縦75m以上×横440m以上、水深1.5m以上で33000㎡以上と定められています。

東京ドームのグランドの2.5倍の広さです。

これだけ広い水面になるとドームなどで覆うことが難しく、風などの影響を受けやすくなります。

レース場の立地条件によって水質が海水・汽水・淡水があり、設置状態によってプール型水面・開放型水面に分けられます。

海水の開放型水面だと潮位の変化があり、それがレースに影響を与えます。

競走水面にはレースに必要な水上施設が設置されています。

スタートラインとゴールラインを表すセンターポール、周回時に使用するターンマークがあります。

水面に向かって右側にあるのが第1ターンマーク、左側が第2ターンマークです。

レースでは第1ターンマーク、第2ターンマークと順次周回していきます。

その他、スタートをするときの目安にする標識板、空中線などがあります。

第1ターンマークと第2ターンマークを結ぶ直線のスタンド寄りをホームストレッチ、対岸側をバックストレッチを呼んでいます。

レース中に故意にそのラインを超えると内線突破で失格になります。

大時計とセンターポールを結ぶ直線の2マーク側は「待機水面」と呼ばれており、選手がピットアウトしてからコース取り、スタートのときに使用する水面です。

スタートの前にそのラインを突破すると欠場扱いになります。

2マークの奥、もしくはスタンド側にピットがあり、ボートの発着に使用されます。

スタートライン

水の上だと風や流れなどでボートを固定することができません。

そのため「フライングスタート法」というボートレース独特のスタート方法を採用しています。

大時計が0秒を指してから1秒以内にスタートラインを通過すれば「スタートOK」というものです。

スタートラインを水上に描かくことができないので、水面から見て大時計の右角とセンターポールを結ぶラインがスタートライン・ゴールラインになります。

判定には電子スリットが採用されています。

ターンマークと小回り防止ブイ

第1ターンマーク・第2ターンマークは、赤と白で8分割で色分された円錐状のブイです。

1マーク・2マークと呼ぶことの方が多いようです。

1マークと2マークはセンターポールを基準にして、それぞれ150mの位置に設置されているので、1マークと2マークの距離は300mになります。

1周600mのレースコースを3周回するのが基本です。

ターンマークの材質はウレタン樹脂で加工されたFRPで、水上に浮いている高さは約95cm、台座の直径が約90cmです。

チェーンと重りによって水底に固定されています。

潮位の変化のあるところでは、ターンマークが上下するようになっており、レーサーがターンマークの視認に困ることはありません。

第2ターンマークからセンターポール寄り20mの位置にオレンジ色をした小さなブイがあります。

「小回り防止ブイ」という名称で、ピットアウトしてこれを通過してからコース取りをします。

空中線・標識板・ポール

ピットアウトしたレーサーは小回り防止ブイを回ってコース取りをします。

コース取りが決まったらスタートラインへスピードを上げて行きます。

大時計が0秒を指してから1秒以内にスタートライン通過しなければなりません。

先行有利な競技だけに、0秒に少しでも近いタイミングでスタートラインを通過したいものです。

そのためにレーサーがやることは「定時定点」です。

目標物を決めておいて、そこを大時計が0秒を指す何秒前に通過すればせ良いか決めておくのです。

その目標物になるのが空中線・標識板・ポールです。

空中線は、スタートラインは80mに白色と青色の小さな三角形の旗が並んでいます。

40mと45mには白色と黄色の三角形の旗です。

5m手前には白色と赤色の三角形の旗です。

スタートラインの手前85mの位置にある空中線は、スタート4秒前に通過するときの目標物になるものです。

4秒よりも早く通過すると、大時計が0秒を指す前にスタートラインを通過することになるのでここで減速します。

40m-45mは2秒前通過の目標物です。

ボートレースの最高速度は80km/時なので、秒速に換算すると20mになります。

100mポール・150m・85m・45m・5mの標識板もすべて正確なスタートを決めるためのものです。

大時計

大時計は遠くからでも視認できるように直径が3mを超える大きなもので、白色の1分針と黄色の12秒針の二重針構造です。

2分前に2分針が動き始め、1分40秒前にピットアウトです。

選手はコース取りをしながらつねに大時計の針を注視しています。

15秒前になると2分針が遮蔽板の後ろに隠れ、黄色い針の12秒針が早いスピードで動き始めます。

スタートライン手前200mあたりから加速していく選手は12秒前、1コースからスタートする選手は7秒前を目安にレバーを握っていきます。

目標物を通過するときに大時計の針の位置を確認し、スピードを調整しながらスタートラインに向かいます。

0秒よりも早くスタートラインを通過すると「フライング」になり、欠場扱いになります。

その選手に該当した舟券は返還され、レーサーはペナルティーを課せられます。

フライングをしないようにスピードを調節することを「アジャスト」と呼んでいます。